バイクを売るなら時期がある

この時期に売るの?バイクを高く売るならシーズンをチェック

>

メンテナンスの重要性と方法

売る前に気を付けたいメンテナンス

通勤や通学にバイクを使っているのなら問題ありませんが、趣味を目的としたバイクを売る際には注意が必要です。
ツーリングにハマっている時は毎週の様に乗っていたが、最近はガレージに放置している場合は特に要注意です。
バイクは乗らない期間が長いとマフラーやキャブレターに不備が生じやすくなってしまいます。またバッテリーの劣化も早くなるので、定期的に乗ってあげるのがメンテナンスになります。それが難しい場合は、定期的にブレークを握るだけでもずいぶん違います。
これらのメンテナンスを行わずに売却したところ、エンジンがかからず不動車として安く買い叩かれてしまうケースもあります。時間がある時には、オイルアップする事でより高く売却出来ます。

外観のメンテナンスの重要性

車は細かい傷や凹みがある場合、素人で整備すると査定にマイナスとして響いてしまいます。しかしバイクの場合は逆です。
バイクカバーをかけてガレージに保管する。塗装の色あせやサビは出来るだけキレイに補修する事で、高額査定が期待出来ます。自分でメンテナンスが出来ない場合は、査定の時に整備士へ伝えるとベストです。
バイクは湿気に弱いので雨の日はカバーを外す、月に1度のペースで洗車しその際はしっかりと水分を拭き取り、サビを防ぐためのオイルコーティングをして下さい。
以外と見落としてしまうタイヤの空気圧は、グリップ力が低下しバイクの性能が悪くなります。当然マイナス査定の対象になりますので、見積もりを取る前にガソリンスタンドで入れてもらうと良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る